ボディーガードの仕事は日本では警備業法という法律で4号警備と定められています。

の任務は暴力の脅威にさらされた、あるいはその危険のあるクライアントの、生命と身体の安全を守ることにあります。

クライアントの直近で警戒を行い、犯罪や事故の未然防止に努める業務で、身辺警護とも呼ばれます。

ちなみに警備業法上は「身辺警備」と呼んいます。

天変地異から守るのもボディーガードの仕事

ボディーガード業務の主体は、クライアントをテロや犯罪等の危害から守ることにありますが、それだけではなく災害や交通事故からも守ることも含まれます。

有事の際はテロリトや犯人の襲撃を阻止して、クライアントを迅速に避難させます。

いざという時に犯人を制圧できる戦闘能力が必要ですが、制圧や逮捕は二の次で、クライアントを安全な場所難させることを最優先します。

ボディーガードの責任は大きい

ボディーガード業務はクライアントの生命・身体・財産等に直結する、極めて責任重大な仕事です。

クライアントは一般市民から企業要人、芸能人、スポーツ選手などのVIPなど色々です。

著名人の場合、襲撃を阻止できないと、AKB48握手会襲撃事件のように社会に与える影響が甚大です。

また一般人のクライアントであっても、犯人の襲撃を阻止できずに死傷するようなことになれば、著名人同様に社会的影響は計り知れません。

その意味においてボディーガード業務は非常に責任の大きい仕事と言えます。

ただ守るだけでなく人権への配慮が必要

ボディーガードが滞りなく身辺警護を行うために、クライアントに協力を要請することは自然なことです。

しかしだからと言って、クライアントを守るためなら何をやってもいいということではありません。

ボディーガードの実施にはクライアントと十分な打合せを行い、コミュニケーションを取って、クライアントの希望も考慮しないといけません。

緊急事態をのぞいて、クライアントの仕事やプライベートに支障をきたしたり、人権を制限するようなことは許されません。

それは民主主義国家における、安全保障やテロ対策に通じるところがあります。